動かないバイク処分 動かないバイク処分tel

動かないバイクの処分について

弊社は、動かないバイクを処分します。回収したバイクは殆どエンジンが動かないバイクです、エンジンが動かなくても問題ありません
パワ−ゲート付きのトラックでお伺いいたしますので殆どのバイクは積めます、積めれば部品がない、外してある等解体状態のバイクでも引き取ります 車種、状態により、買い取れる場合、無料引き取りの場合、有料処分の場合とありますが 、殆どは無料引き取りです
100cc以上のバイクは動かないバイクでも買い取れる車種も沢山あります

ホイールが回らないバイクでも殆ど大丈夫です
長期放置の為、ブレーキパットやドラムブレーキシューが固着して回らないため動かない場合、キャリパーに衝撃を与えると動く場合があります。衝撃で動かなければ、キャリパーのボルトを緩めてブレーキオイルを抜くと回る場合があります、それでだめならキャリパーを外すしかないでしょう。ドラムブレ−キの場合、衝撃で回らなければブレ−キ部を解体するしかないかもしれません。片方のホイールが回ればなんとか積めると思います

★無料引き取りの場合でも500円のクオカードをプレゼントします

バイク処分と一緒なら、自転車、バッテリー等小型家電品も無料で引き取ります

バイク廃車手続きも無料代行します

お客様に安心していただくため回収したバイクの一部をGoogleマイビジネスに投稿しています

Googleマイビジネスへ

    

動かないをバイク処分した方がよい理由

★動かないバイクでも、廃車手続きをしてない場合、毎年4月1日の所有者に対し納税通知書が5月に届きます

バイクの税金は
50cc〜90cc/2000円
91cc〜125cc/2400円
ミニカー/3700円
126〜250cc/3600円
251cc以上/6000円
です、置いておくだけで費用がかかることになります、 廃車手続きをしておけば、バイク本体を置いていても税金はかかりません、 いつか乗るかもしれないと思いおいている人は、廃車手続きはした方が得と思います

バイクの廃車手続きについて
50cc〜125ccのバイクは市区町村役場での廃車手続きになります
出張所で行える地域もありますので、お問い合わせをして一番近い場所がいいかもしれません
手続きする場所に廃車申告書兼標識返納書が置いてあります、氏名、住所等必要事項を記入し、捺印は必要とする市区町村と省略する市区町村があります、必要としない場合、身分証明書の提示が求められます
標識交付証明書(ナンバ−と一緒に交付されている書類です。紛失の場合なくても大丈夫です)とナンバ−を持っていきます
ナンバ−紛失の場合、廃車申告書兼標識返納書に理由等を記載する項目がありますので、記載します。再発行料金を請求される役所もありますが、200円〜300円程度です
ナンバ−盗難の場合、警察に盗難届を提出し受理番号を受け、廃車申告書兼標識返納書に警察署名、受理番号等を記載する項目がありますので記入します

125ccを超えるバイクの場合、管轄陸運支局で廃車手続きします
陸運支局に、抹消申告書はおいてあります。250ccまでのバイク(軽二輪)と250ccを超えるバイク(自動二輪)と用紙が違いますので注意が必要です、また、自動二輪の場合350円に印紙が必要になります、印紙は陸運支局で販売しています
250ccまでのバイクは軽自動車届出済証を、250ccを超える場合は車検証を提出します。紛失の場合は理由書を添付します
ナンバ−を提出します。紛失、盗難のため提出できない場合は、警察に盗難届を退出し受理番号を受けて、警察署、受理番号の記載のある理由書を提出します

★動かないバイクを置いておくと、タイヤの空気が抜けタイヤはへこんできます、また、ディスクブレーキの場合ブレーキパットの固着、ドラムブレーキの場合ブレーキシューの固着がおき、押して動かそうとしてもホイールが回らなくなり、危険で邪魔な物となります

動かないバイクを処分するその他の方法

エンジンが動かないバイク

○エンジンが動かないバイクを処分しようとする場合でも車種、状態によっては、バイク買取業者が買い取ってくれる場合があります。 エンジンが動かないだけで、カウルに割れもなく、欠品もなく、自家塗装等もない場合、高年式のバイクやプレミアのついたバイクは買取業者に見てもらうことで買い取ってもらえるかもしれません、この場合、廃車手続きまたは名義変更も業者がしてくれます。怪しい業者には注意が必要です

○エンジンが動かないバイクでも、年式も古く、プレミアもついていない場合でも、バイク回収業者なら買取または無料引き取り、最悪の場合でも有料で引き取りします。 回収業者によっては、引き取らない業者もあります、この場合、廃車手続きも無料代行する業者があります。また怪しい業者には注意が必要です

○エンジンが動かないバイクでも、バイクとして一体になっていて、国内協賛メ−カ−のバイクであれば、バイクリサイクルシステムで処分することができます、廃車手続きを済ませて、廃車証明書と身分証明書を持って、バイクをトラック等で指定引取場所に運べば処分してくれます

指定引取場所はこちら

指定引き取り場所にご自分で運べない場合、有料になりますが廃棄二輪車取扱店に依頼すれば運んでくれます、金額は店により違います

廃棄二輪車取扱店はこちら
★ バイク処分について

★ バイク廃車手続きについて

★ 会社概要

★ お問い合わせ


動かないバイク回収エリア

神奈川県
川崎市横浜市相模原市大和市海老名市座間市厚木市綾瀬市伊勢原市藤沢市茅ヶ崎市秦野市平塚市寒川町
東京都
町田市多摩市稲城市八王子市日野市国分寺市立川市昭島市国立市府中市調布市狛江市

Copyright© 2020-

神奈川県を中心に動かないバイクを処分しています